私のこだわり【自律神経編】

頭蓋骨の歪みが引き起こすのは、お顔の歪みだけじゃない!

自律神経・ホルモンバランスの乱れ、免疫力・新陳代謝の低下、太りやすくなる…

様々な影響を及ぼします。

 

【こだわりその1】

頭蓋骨調整で、自律神経・ホルモンバランス・自然治癒力にアプローチ!

オステオパシー療法の1つの頭蓋骨調整。

 

頭蓋骨は呼吸と同時に動いて、脳と神経に栄養を与えている「脳脊髄液の増産と循環」のポンプの役割をしています。
優しく頭蓋骨に触れ、身体のこわばりを解きほぐし、脳脊髄液の流れを促進することにより、自律神経・ホルモンバランス・免疫力の働きを高めていくものです。

 

※「脳脊髄液」は、脳と中枢神経の機能維持や保護、栄養物質の運搬などを担っています。

 

 

頭蓋骨は15種23個の骨で構成されていますが、

その中でも、私が気になるのが、

鼻骨と下顎骨以外の骨と繋がっている

 

蝶形骨!

 

蝶々の形をしてるから蝶形骨。

頭蓋骨の真ん中に位置しています。

頭蓋骨の「要」でもある「蝶形骨」が正常に動いていないと、脳脊髄液の増産・循環が悪くなり、自律神経の乱れ・ホルモンバランスの乱れ・免疫力・新陳代謝の低下が起こります。

 

また、この蝶形骨。

蝶々以外にも、何かに似ていると思いませんか?

 

正解は骨盤です!

 

身体の要の骨盤と頭蓋骨の要の蝶形骨。

実はとっても深い繋がりがあります。

 

骨盤の仙骨と蝶形骨は硬膜で繋がっており、仙骨と同調して微妙な動きを繰り返し、脳脊髄液の循環を促しています。

蝶形骨の歪みと仙骨(骨盤)の歪みには、とても大きな繋がりがあるということです。

 

お顔の歪み

慢性疲労

倦怠感や不安

マイナス感情

自律神経失調症やうつ症状

痩せにくくなる

免疫力の低下

 

さらに、頭蓋骨の歪みはホルモンバランスが乱れ、生理痛・生理不順・PMS・更年期障害・冷え性も引き起こしてしまいます。

頭蓋骨を緩めるということは、脳の動作環境を良好な状態に改善させるということ。

ということで、頭蓋骨もしっかり整えていかないとね!

 

以上、私のこだわり【自律神経編】でした♪